腰椎ヘルニアに関する症例|宮崎の整体「整体院ゆじゅ」

腰椎ヘルニア|症例

腰椎(椎間板)ヘルニアの特徴

腰椎(椎間板)ヘルニアは基本的に左右どちらかに痛みや痺れなどの症状が現れます。

 

痛みや痺れの出る場所は坐骨神経痛に似ていますが、腰も非常に痛み長期化することが多くなります。

 

「坐骨神経痛」についてはこちら → 坐骨神経痛|症例

 

腰椎ヘルニアは腰椎(5本あり、上から1番2番と数えます)の4番5番(L4、L5と表記します)周囲で発生します。

 

ヘルニア(hernia)は日本語で”はみ出る”という意味で、椎間板内の髄液が椎体(骨)に圧迫され押し出されることで神経に触れて痛みを感じます。

 

L4,5で多く発生するのは、腰の下部は反りが大きく圧迫されやすい形状になっているからです。
腰椎ヘルニアは反り腰の女性や猫背の男性に非常に多くなっています。

 

反り腰の女性の場合、腰が非常に柔らかく、お腹のインナーマッスルを使えていないために腰椎にすべての荷重がかかって痛みにつながります。腰椎・骨盤を整えるとともに、インナーマッスル(腹横筋)を使った立ち方を身につけていくことで再発も予防できます。また、お腹ポッコリも予防できます。

 

猫背の男性の場合、腰や股関節周りが非常に硬く、お腹も出て腰に負担がかかっていることが多くあります。インナーマッスル(大腰筋)も硬くなっているため、インナーマッスルの柔軟性・動きを取り戻しつつ腰椎・骨盤を整えていく必要があります。

 

 

関連ページ

坐骨神経痛|症例
坐骨神経痛ではお悩みではありませんか?整体院ゆじゅでの坐骨神経痛ついての症例です。
腰から太ももが重だるい|症例
腰の重だるさではお悩みではありませんか?整体院ゆじゅでの腰のだるさについての症例です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー・料金 プロフィール お客様の声 選ばれる理由 アクセス よくある質問