坐骨神経痛に関する症例|宮崎の整体「整体院ゆじゅ」

坐骨神経痛|症例

坐骨神経痛の特徴

一般的な坐骨神経痛の特徴はお尻から足先にかけて(またはその一部)に痛みや痺れを伴います。
大半は左右どちらか一方が多いのですが、状態が悪化していくと両方痛むこともあります。

 

原因はお尻から足先に向けて坐骨神経という太い神経が通っているのですが、お尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫・刺激されることで痛みや痺れを伴う坐骨神経痛という症状が現れます。

 

比較的簡単な症状の場合は坐骨神経を圧迫するといわれる梨状筋のストレッチにより改善していきますが、初期の段階で「いつか治るだろう」と放置する方も多く、坐骨神経痛だけでなく腰痛も併発して複雑化する傾向にあります。

 

前にかがんだとき、座ったとき、ふとしたときにうっすらとお尻や太もも裏に痺れ感・違和感を感じたら前兆で、早めのケアをすることで長期化・辛い思いをしなくて済みます。

 

「ちょっとした痛み」の段階で治療を開始すると比較的早い段階で改善しますが、「痺れ」を伴うと改善に時間を要する傾向が多いです。

関連ページ

腰椎ヘルニア|症例
腰椎ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)ではお悩みではありませんか?整体院ゆじゅでの腰椎ヘルニアについての症例です。
腰から太ももが重だるい|症例
腰の重だるさではお悩みではありませんか?整体院ゆじゅでの腰のだるさについての症例です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー・料金 プロフィール お客様の声 選ばれる理由 アクセス よくある質問